愛犬・愛猫と暮らす中で、心配になるのが病気だと思います。
かかりやすい病気について、少し掲載したと思います。

犬のかかりやすい病気

外耳炎

犬種・犬の年齢問わず発症しやすいのが外耳炎。
特にゴールデン・レトリーバーなどの耳が垂れている犬種、フレンチブルドッグなどの皮膚が弱い犬種がかかりやすいです。
炎症が軽度の場合は点耳薬を差すのみで解決しますが、重症だと何度も通院する必要があり、治療が長期化します。
さらに、犬が耳を掻きすぎて出血し耳道がふさがってしまうと、手術が必要になることもあります。

外耳炎の特徴
●症状
 初期では、普段と違う匂いがします。首のあたりを頻繁に掻く、頭を強く振るなどで痒みを訴えることが多く、症状がひどくなると床に耳を擦り付けて痒みを訴えるケースもあります。さらに症状が悪化すると、耳を掻きこわし出血とただれで耳道が塞がってしまうことも。その場合は、治療に時間がかかり、手術が必要になることもあります。

●原因
 主な原因は、細菌、真菌、耳ダニ。その他に、アレルギーによる皮膚疾患、虫や種子などの異物混入、耳の中に腫瘍や出来物ができてそこから炎症を起こす場合もあります。

●治療方法
 軽度の症状であれば、直接耳に薬をたらす点耳薬で治る場合が多く、耳ダニであれば駆虫剤を使います。痒みや感染がひどい場合は、痒み止めや抗生剤などの内服薬や注射を使い、耳の洗浄のため通院が必要な場合もあります。

皮膚炎

犬の皮膚炎は寄生虫や細菌・真菌性のものからストレスや毛玉のひきつれ、過剰なシャンプーまで、多くの原因があります。
皮膚炎は、その原因により治療法が大きく変わりますが、主に使用する薬はダニなどを駆除する駆虫剤やアレルギーの反応を抑える薬、かゆみ止めの薬などです。
また、重症化したアトピー性皮膚炎の例では、注射や皮膚の衛生を保つためのシャンプー、トリミングが必要になる場合もあります。
普段から愛犬を気にかけることが一番の予防法になります。

下痢

1歳未満の子犬は、下痢・嘔吐が多い傾向にあります。
子犬は環境の変化に弱く、家に迎えたばかりだとストレスを感じたり、ウイルスや寄生虫が原因で下痢を起こすことがあります。
これは、子犬は成犬と比べて免疫力・体力ともに不十分なため起こります。

子犬が下痢をした場合、原因を突き止めるため、病院で便の検査をするのが一般的です。
原因によって、抗生剤や駆虫剤、整腸剤を投与します。特に子犬が何回も下痢をしていると脱水に陥っている可能性があるので、その際は点滴を行います。
たかが下痢、と軽視しがちですが、重症化すると入院が必要になることもあるので、下痢の症状が見られたら、すぐに当院へお越しください。

猫のかかりやすい病気

膀胱炎

猫はもともと砂漠に住んでいたため、水が少なくても生きていけるように、おしっこなど体内の水分を大切に使う動物です。
そのため、膀胱炎を含む泌尿器系の病気によくかかります。
膀胱炎の治療は水分補給が重要ですが、猫はあまり水を飲みたがらない生き物なので、点滴治療を行うこともあります。
軽度な膀胱炎の場合、尿検査や注射、内服薬の処方で済んだ例もありますが、重度な膀胱炎だと、何度も通院し、完治まで時間を要する場合があります。

嘔吐

猫は毛玉をよく吐くので、吐いた後、食欲があれば特には問題ありません。
しかし、食欲や元気がないときは注意が必要です。
猫の嘔吐の原因は、胃腸炎や腎臓・肝臓の病気、さらにはストレスや便秘等様々な要因が考えられます。
治療は原因により変わりますが、整腸作用のあるサプリメントや吐き気どめなどの内服治療、脱水症状が見られるときは点滴を行うこともあります。

結膜炎

猫は目の病気にもかかりやすい動物。特によく発症してしまうのが結膜炎。
原因は細菌・ウイルス性のもの、ホコリなどのアレルギー性のもの、まぶたの構造上の問題や角膜炎の影響などさまざまです。
結膜炎の治療法では、対症療法として炎症を抑える点眼薬や目に塗る軟膏が処方されることが多いです。
原因が細菌・ウイルス性の場合は、それらに応じた抗生剤などの内服治療を行うこともあります。

下痢

下痢の治療は整腸剤、脱水症状が認められる場合は点滴治療が行われます。
他にも、寄生虫が原因の時は駆虫剤、ウイルスが原因の時は抗生剤などで治療をします。